Happiness of health

HOME健康ニュースジェ ネリック医薬品

健康ニュース 体のこと健康のこと

03
ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

医療費が割安になるジェネリック医薬品って?

「ジェネリック医薬品」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?
最近ではテレビなどでも医療費が安くなると盛んに取り上げられるジェネリック医薬品は、どのようなもので、具体的にどの程度医療費が安くなるのでしょう か?詳しく解説します。


ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、特許期間が終了した医薬品を先発品メーカーと同じ成分で、同じ効果を期待して製造したものです。
通常、医薬品は最初に開発したメーカーに特許が下り、独占的に販売することが許されます。
そのため、メーカーの希望価格がそのまま一般的な薬の価格となるのですが、ジェネリック医薬品ではそれよりも安い値段で作ることができます。

ジェネリック医薬品の優れた点

ジェネリック医薬品の優れた点は、その安全性と価格です。
ジェネリック医薬品の場合は、すでに開発されている医薬品と同じ成分を使用しているため、使用成分の安全性が確かめられています。
また、価格も先発で開発された医薬品よりも2〜8割も安く抑えられるため、医療費の節約につながります。さらに、医療費の削減が行えることで、慢性疾患の ため長い間投薬を続けなければならない患者様の負担を大きく軽減できることが期待できます。

ジェネリック医薬品の問題点

このように優れた点が多いジェネリック医薬品ですが、一方で問題があることも指摘されています。
例えば、医薬品の成分は同じでも、カプセルやカプセルにするために使う素材や技術で有効成分の吸収時間などが異なることがあるのです。
これによって、胃で溶けて作用する薬が胃で溶けずに通過してしまうなどということが起こった場合、正しい薬品としての効果が期待できなくなってしまいま す。
しかしながら、現在ではジェネリック医薬品も厚生労働省の認証を受けた製造方法を行い、臨床テストに合格したものだけが販売されるため、こうした問題は起 こりにくいと考えられています。

どうすれば処方してもらえるの?

ジェネリック医薬品は、全国どこの医療機関でも取り扱われているわけではありません。
もちろん、国の方針によりその販路は拡大してゆくと考えられますが、現在ではジェネリック医薬品を使用するためには医師による処方が必要となります。ジェ ネリック医薬品を使ってみたいという方は、まずかかりつけ医や調剤薬局などで相談してみましょう。

健康ニュース


ページの先頭へ

白金製薬株式会社 お気軽にお問い合わせください! フリーダイヤル:0744-21-5566 FAX:0744-21-5777

お問い合わせ